7月21日から7月31日までの犯罪発生状況 【防犯情報】 2019-08-06 13:15 UP!

~期間中の発生は、15件となります~
※発生場所 届出日 (場所・被害品や被害状況)となります。

【住居侵入】 1件
 西白井4 7/22 (集合住宅・ベランダに侵入するも家人に見つかり逃走)

【電話de詐欺(警察官かたり)】 1件
 十余一 7/22 (検挙されています、未遂、詳細は下記参照)

【非侵入窃盗その他】 4件
 冨士 7/23 (店舗内・遊技機在中のコイン)
 冨士 7/25 (検挙されています、戸建て住宅内・現金)
 中 7/28 (神社屋根の銅板)
 富塚 7/28 (店舗内・遊技機在中のICカード)

【部品ねらい】 1件
 西白井4 7/26 (戸建て住宅駐車場・普通乗用車(トヨタクラウン)のタイヤ4本)

【車上ねらい】 1件
 武西 7/27 (月極駐車場内・普通乗用車(トヨタアクア)の助手席側窓ガラス割るも未遂)

【万引き】 1件
 根 7/27 

【自販機ねらい】 1件
 神々廻 7/28 (公園内)

【器物損壊】 1件
 大山口1 7/29 (戸建て住宅・駐車場の門扉が傷つけられたもの)

【空き巣】 1件
 冨士 7/29 (集合住宅・侵入手段不明、現金等)

【傷害】 1件
 桜台1 7/29 (路上・50歳代女性が歩いていたところ、前方から来た男(65歳くらい、身長170cmくらい、体格がっちり型)に「左側を歩いているんじゃない」などと体当たりされたもの)

【置引き】 1件
 根 7/30 (店舗内・遊技台に置いたバック)

【工事場ねらい】 1件
 根 7/31 (工事現場・鉄板)

〇警察官をかたった電話de詐欺が発生しました。
 今回発生した手口は、警察官をかたり「あなたのキャッシュカードを使って、白井のケーズデンキで買い物しようとしている人がいる。カードを新しくしないと再び使われてしまう。これから警察官がカードを取りに行きます。」という電話があったものです。
 カードを受け取りに来ていた犯人は、市内で同様のアポ電が多発中のため警戒を強化していた印西警察署の警察官により検挙されたことから、今回は被害がありませんでした。
 市内では、依然として電話de詐欺のアポ電が多発しています。
 7月に入り、電話de詐欺は、類似手口の窃盗を含め3件発生し、市内における被害額は、今年に入ってから1千万円を超えています。
 また、近隣の市では、女性の声で電話de詐欺のアポ電を掛けてきたり、女性が自宅にカードや現金を受け取りに来る事例も発生しています。
 電話de詐欺の手口は、刻々と変化し、巧妙化していますが、共通しているのは、全て犯人からの「電話」から始まっていることです。
 犯人にだまされないためには、「犯人と直接話さないこと」、つまり「犯人の電話に出ないこと」が有効です。
 犯人からの電話に出ないために「留守番電話」を活用しましょう。

〇架空請求はがきに注意してください。
 市内では、「総合消費料金未納分訴訟最終通告書」「民事訴訟最終通達書」などと記載された架空請求はがきが多数送付されています。
 このようなはがきは詐欺ですので、はがきが送付されても無視して、はがきに記載されている「お問合せ先」には絶対に連絡せず、不安な時は、警察や市役所に相談してください。