5月16日から5月31日までの犯罪発生状況 【防犯情報】 2020-06-04 17:06 UP!

5月16日から5月31日までの犯罪発生状況
~期間中の発生は、6件(前年比-20件)となります~

※発生場所 届出日 (場所・被害品や被害状況)
【自転車盗】 3件
 桜台2 5/17 (戸建て住宅敷地内・無施錠で置いたスポーツ車が盗まれる)
 富士 5/25 (金融機関敷地内・無施錠で駐輪した軽快車が盗まれる)
 堀込1 5/26 (店舗敷地内・無施錠で駐輪した軽快車が盗まれる)

【自動車盗】 1件
 西白井3 (戸建て住宅敷地内・完全施錠で駐車した乗用車が盗まれる)
 
【器物損壊】 1件
 折立 5/22 (飲食店駐車場・駐車した乗用車の窓ガラスが割られる)

【工場ねらい】 1件
根 5/31 (会社作業場・保管していた機械が盗まれる)

○ 自転車盗が3件発生。
市内では、無施錠の自転車計3台が盗まれました。
自転車盗の被害に遭わないためには、鍵をかけることが最も重要です。
自転車を盗む犯人は素早く犯行を終えるために鍵の掛かっていない自転車を探していますので、短時間の駐輪でも必ず鍵をかけましょう。
一個より二個(ツーロック)の鍵をかけると犯人の犯行が困難となり効果的です。

○ 自動車盗が発生しました。
  今年、千葉県内で268件、市内で2件(4月末現在)の自動車盗が発生しています。
  被害に遭いやすい車種は、SUVといわれる車高が高い車や四輪駆動車、映画で話題に
なった日本製スポーツカーなどです。
 これらの車種は、海外で人気があり、国内で盗まれた自動車はヤードなどで解体され、
自動車部品として海外に輸出される場合が多く、このような被害に遭えば自動車が戻っ
てくる可能性はありません。
 センサーライト、自動車専用の盗難防止装置、ハンドルロック、タイヤロックなどを 
活用して被害防止に努めましょう。
 また、犯人は対象車種を探す下見をしていますので、道路などから見えない場所に自 
家用車を駐車すると効果的です。

※この犯罪発生状況のメールは、印西警察署からの情報提供に基づき作成しています。