4月1日、新しい元号「令和」が発表され、5月1日より施行されます。
 この改元に便乗して、「元号が変わるからこれまのでキャッシュカードが使えなくなるので再発行が必要」「改元で口座が使えなくなるから現金が引き出されなくなる。」などとうそを言って、現金やキャッシュカードをだまし取ろうと詐欺グループが狙っています。
 電話で「カード」や「お金」の話が出たら詐欺です。絶対に暗証番号を教えたり、カードを渡したりせず、そのような電話が来たら、市役所や警察に相談してください。
 「私は絶対にだまされない。」と思っていても、犯人は、お金をだまし取ろうと言葉巧みにだます話術を持っています。
 犯人と直接話すと、いつの間にか犯人のペースにはまってしまい、冷静に考えたり、誰かに相談する時間も与えられず、犯人の言われるままに被害にあってしまいます。犯人にだまされないためには、「犯人と直接話さないこと」が有効です。
 留守番電話を活用して電話de詐欺被害を防ぎましょう。