11月21日から11月30日までの犯罪発生状況 【防犯情報】 2018-12-11 09:07 UP!

~期間中の発生は、8件となります~

※日付の後の()の内は、(発生場所・被害品や被害状況)です。

【器物損壊】 3件 
 桜台1 11/21 (店舗駐車場・貨物自動車、トラックの幌が損壊)
 笹塚2 11/21 (集合住宅駐車場・普通乗用車、ドアミラー擦過)
 根 11/28 (集合住宅・1階の空き部屋、窓ガラス損壊)

【学校荒し】 2件
 根 11/21 (専門学校・非常口の窓ガラス割り侵入、現金)
 池の上1 11/27 (高等学校・無人となっていた教室、現金)

【詐欺(オレオレ詐欺)】 1件
 根 11/26(被害発生日は、11/5です。)
※息子をかたったオレオレ詐欺です。
 息子をかたり「携帯電話番号が変わった。」という電話の後、「急にお金が必要になった。」と金銭を要求する電話があり、自宅を訪れた会社の部下をかたった男に現金1016万円をだましとられてしまったものです。

【空き巣】 1件
 冨士 11/28 (戸建て住宅・無締り玄関ドアから侵入、現金等)

【自転車盗】 1件
 清水口1 11/29 (駅前駐輪場・無施錠、スポーツ車)

〇市内で電話de詐欺が発生しています。
 電話de詐欺に注意してください。
 発生した息子かたりのオレオレ詐欺のほかにも、実在するデパート職員をかたる者から、「あなたのキャッシュカードが使われている。」などの電話が多数確認されています。
 電話で「カード」や「お金」の話が出たら詐欺ですので、絶対に相手にキャッシュカードの暗証番号を教えたり、キャッシュカードを渡さないでください。

【電話de詐欺は、電話de対策】
 「私は絶対にだまされない。」と思っていても、犯人は、お金をだまし取ろうと言葉巧みにだます話術を持っています。
 今回発生したオレオレ詐欺でも、息子をかたる男以外に、品川駅忘れ物センター職員を名乗る男や会社の部下を名乗る男が登場するなど、その手口は非常に複雑で巧妙です。
 犯人にだまされないためには、「犯人と直接話さないこと」が有効です。
 留守番電話などを活用して電話de詐欺被害を防ぎましょう。

〇架空請求はがきに注意してください。
 前回のメールでもお知らせしましたが、依然として市内に「総合消費料金未納分訴訟最終通告書」などと記載のはがきが多数届いています。
 はがきには、「裁判所に民事訴訟として訴状が提出された。」「このまま連絡がなければ、給与や不動産などの差し押さえを執行する。」などの不安感をあおる文章が記載されていますが、このハガキは詐欺です。
 はがきに問合せ先として記載されている連絡先(民事訴訟管理センター、国民訴訟通達センターなど)には絶対に連絡せず、一切無視してください。
 連絡してしまうと「弁護士紹介料」や「訴訟取り下げ費用」などの名目でお金をだまし取られてしまいます。
 不安を感じたり、対処に困ったりしたときは、警察や市役所に相談してください。
 また、県内では、はがきではなく「封書」を使って同様の文章が送付されているとの報告がありますので注意してください。